開運・人生、変えます 神託鎌倉寳生苑 ぜんとうひろよ

profile

 あなたを絶不調から救ってくれる強い霊力
  

■ご加護、ご利益
本物の霊能力とは何か? という抽象論も楽しいが、しかし現実、この世で世のため人のためにならない「力」は、はっきりいって不要ですね。まして、人々の不安をあおり世の中に害をなすような力は、これはニセモノの霊能力です。

我田引水かもしれませんが、当処へお越しの方には100%、霊能力のご加護ご利益による開運力を付けてさしあげています。このhpの「神仏の奇跡」をご覧いただければ、その一部をご紹介しています。理屈より現実の実績だとおもいます。

それでもなお、人は抽象論を求めます。具体と抽象の往還という人類の性によって現代の科学社会があります。よって、以下に、そのさわり一部を記させていただきました。

■霊能力とは何か

霊能力とは文字通り「霊」の「能力」。「霊」とはgoogle検索では
----------------------------
霊〗 (靈) レイ・リョウ(リヤウ)・たま たましい

1. 《名・造》肉体に宿って肉体を支配する働きをもつもの。肉体を離れた人間の精神的本体。たましい。 「霊がやどる」

2. はかり知ることのできない不可思議な働きがある。神々(こうごう)しく尊い。神聖。 「霊妙・霊験(れいげん)・霊感・霊気・霊夢・霊鳥・霊泉・霊薬・霊木・霊地・霊峰・霊場・霊域」

3. 万物の精気。かみ。 「山霊・神霊」

4.すぐれてよい。 「霊筆」

5. さいわい。恩恵。
----------------------------
などと現代的言語解釈が並びます。はっしょって言いますと、わたしどもでは、3,万物の精気。かみ。 「山霊・神霊」・・・が最も人のため世のために関わる大変に「ありがたい」、「霊」だとおもいます。


 悪因縁の憑依霊にとり憑かれると苦しい

霊能力を象徴するような一首、和歌をご覧ください。
・・
何事のおはしますかは知らねどもかたじけなさに涙こぼるる 

                 於・伊勢神宮    西行法師
・・
 かたじけなさ・・・今では日常語としては使われていませんが、「かなじけない」という時代劇ドラマでの発声は何とはなく「ありがたい」「もったいない」と言っているなと伝わりますね。

何事のおはしますかは知らねど・・・西行は仏教僧だから神様のことはわからないのだ、などという得意げな解釈は脇に置いてくださいね。ここは素直に、一人の日本人として、大いなる存在、目には見えない、不思議なパワー^^への感謝の念がこみ上げてきたと読みたいとおもいます。これです! じつは、これ、「何事のおはしますかは知らねど」こそが霊能力といえるのです。

霊能力とは神さま、仏さま、天使さま、などと呼ばれている神霊的神秘的な智恵と力です。

普通、一般人の目には見えないが、真面目な信仰心、目にはみえない世界を信じつづけると、何かいわくいいがたい有り難さを感じることはだれにも可能です。宗教と重なって考えられがちですが、じつは宗教というある種の文明の産物が登場するはるか以前から霊能的なものへの信仰はありました。

何かの時に何処かで、えもいえない、ふしぎな空間を意識するときがあると思います。清々しかったり、温かかったり、爽やかだったり、その時だれもが無意識で霊能力を体感しているのです。

浮遊霊、自縛霊、怨念霊などの禍々しい能力も霊能力には違いないのですが、普通の人がこれらの禍々しい体感を気に病みすぎると禍々しさの渦の中に取り込まれて身心を現実に病んでしまうこともあります。負想念は神さまの分け御魂である本来の自己を傷つけ曇らせ内なる光(内在神)を遮断します。


 この世で役に立たない霊能者には近づかない

■霊能者とは何か

あまたなる命の失せし崖の下海深くして青く澄みたり

                 於・サイパン島   明仁天皇

霊能力者は霊能力をこの世で役立てる能力を持っています。霊能者は永久の世界の大きな力や大いなる知恵や考え方をこの世の方々に今その時々にお伝えする能力を持っていなければならない。霊能者には大別して次の二つのタイプがあります。

一つ目は、この世のだれにでも通用する普遍的な精神的、哲学的な霊的概念を伝える。日本では歴代天皇の詠む和歌が霊的な力を下草にいたるまでの全存在にしずかで強い生命力を与えてきました。なぜ和歌なのかは、日本では非論理がエネルギーの芯にあるからです。日本は西欧社会との相対で、良し悪しはともかかく論理より情でうごく傾向がつよい社会です。和歌の言霊に力ある限り人は生きて死に生きてという永遠の再生、リインカネーションが可能なのです。

二つ目は、個人的な悩みに個別に具体的な霊的処方を伝える。日本では一般に霊能者と呼ばれる人のことです。流行のことばではスピリチュアルカウンセラーです。テレビで有名な江原啓之氏などがそうです。江原氏とおなじ番組の三輪明宏氏は日蓮宗池上本門寺でかつては観音経信仰者に霊的な助言指導をされていました。個人相談での霊的情報は個別情報なのでだれにでも有効な普遍的な霊言ではありません。

■霊能者の使命・・・

和歌はこれ陀羅尼なり これ阿字の本分なり

                於・高野山     弘法大師

この世の人間は死んでもあの世で生きる。そしてまたこの世に戻ってくることもできる。この二つの大いなる知識をこの世の人たちに実感してもらうことです。人は死んでも終わらない。(*陀羅尼・・呪文 *阿字・・信仰の中心)


■霊力とは何か・・・

とこしへに民やすかれと祈るなる わがよを守れ伊勢の大神

                         明治天皇

霊力とは神さま仏さま(目には見えない大きな力)の力です。霊能力との違いは「能力」という技術ではなく、基礎体力です。目にはみえない偉大な力にお祈りすることで霊力はお祈りする人に降りてきます。その力が能く(優れて)働く者のことを霊能力者と呼びます。だれもが神さま仏さまにお祈りします。その意味ではあなたもわたしも老若男女みんな霊力を持っています。

「霊」とは何か・・・・

「霊」とは神さま、仏さま、天使さま、神仏のご眷属、さらに人の魂(人体という物質から離れた魂のことを言います)。動物や植物にも霊はあります。

「霊」の旧字は、雨の下が口口口(クチ、マウスが三つ)とその下に並。クチを揃えて雨乞いのお祈りをしている姿です。


神託鎌倉寳生苑 ぜんとうひろよ

 〒248-0017 
 神奈川県鎌倉市佐助2-9-35
 tel 0467-24-5162
   0467-24-5164

design テンプレート